FXで低金額からの投資が可能な!


あなたは今まで投資をしたことはありますか?ないという人にちょうどいいサービスがFXです。「投資には大金を用意しなければならない」、そんな常識を覆してくれるのがこのFX。一万円からでも投資をすることができます。更に平日であれば24時間値動きがあるので好きなときに取引をすることができます。

高額な手数料がかかると思いましたか?実は手数料というものは一部でしか存在せず、多くの取引が無料で行えます。業者は手数料からではなく、売値と買値の差である「スプレッド」から収益を得ているため、手数料がかからないんです。そのためユーザー側も取引の回数があまり制限されず、自由な取引を行うことができます。FXは外国の通過において相場の変動をもとに売買を行う取引を指します。これだけでは為替取引ですが、これに対しレバレッジという倍率をかけることによって小さな変動に対しても大きな利益を得ることができるのです。

そうはいっても非常に難しそう、そんなあなたにはまずFXのガイド本や、トレーダーによるブログなどを読むことをおすすめします。そして、初心者向きと言われているバイナリートレードを提供しているハイローオーストラリアもひとつのてかもしれません。FXは学生から主婦、高齢者にまで広く愛されており書店では様々な筆者から出されているFXの解説本が売られています。それらをよめば取引の仕方をなんとなくつかむことができると思います。FXではチャートを読むことが非常に重要になってきます。株などをされているかたであればわかると思いますが、ローソク足を読みながら取引を行います。このローソク足は指定した時間帯にどれだけの値動きがあったかを示すもので、値段が下がっていれば青色、値段が上がっていれば赤色で表示されます。株などと違い、値段が下がった場合に必ず損失がでるとは限りません。

FXでは「売りから入る」ということが可能です。例えば円でドルを買うという取引を指定したとします。このときにはドルの購入が発生しているためそれが下落すれば損失も生じるということで他の見慣れた取引と同じような動きをするかと思います。売りとはその逆の取引を行うことを指します。ドルを売るという取引を指定すると、ドルが下落した時に利益が出るようになります。つまり、相場が下落基調であった場合、上がりそうなタイミングまで待つなどということをしなくてもドルを売るという取引を行うことで下落するごとに利益を得ることができます。相場の変動をみながら好きなタイミングで自由に取引を行うことができるのがこのFX。会社帰りや子育て中、勉強の合間など様々なフリータイムの間にぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

投資のコツは何かと問われると、答えは数多く存在するでしょうね。

特に目的ごとに投資のコツは存在しますので、一概にこれと言い切ることはできません。そこで大儲けしたいという方は他の方の意見に譲るとして、私は損をしない方法についてお話をさせていただきたいと思います。

投資とは、元本を増やすために行うことですよね。その金額の大小はあれど、やはり損をしてしまっては意味が無いと思うのです。そこで、いかに損失を出さないかに着目をして考えるべきだと思うんですよね。それでは損失を出さない方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。それは、ズバリ「欲張らない」ことです。例えば株式投資などで、少し前に購入した株価がグングンと騰がっていくとしましょう。それが元本の数倍になったとしたら、恐らくは有頂天になってしまうと思います。そしてすぐにこう思うでしょう。このまま行ってくれれば、自分は億万長者になれると。

しかし、残念ながら株価はそんなに何十倍にも何百倍にもなるものではありません。ごくごく稀に、ゲームや製薬などで爆発的に暴騰する株も存在しないことは無いですが、それは宝くじを当てるに等しいです。経験から言っても、最安値から10倍も行けば良い方でしょう。大抵はその前、つまりは2倍から5倍程度で伸び悩んでしまいます。その理由は、暴騰した株価は取引量が落ちていくからです。1,000円の株価であれば、単元数100株で合計10万円で売買することが出来ます。

しかし、それが5,000円になってしまえば合計50万円が必要になってしまいます。合計1,000株の信用取引で売買するにしても、100万円になるか500万円になるかは勝負の覚悟やリスクが異なりますからね。こうなると市場は急激に落ち着きを取り戻し、逆に利益確定の売りや空売りが降って湧いてくるようになるわけです。そうなってしまっては後の祭り。一時は5,000円を超えたような株価も、数週間後にはあっという間に半値を割ってしまうこともあるのです。

投資の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」「半値八掛け二割引き」という言葉があります。「頭と尻尾はくれてやれ」は、買ってから売る場合は最高値で売ろうとするな、売って買い戻す場合は最安値で買い戻そうと考えるなという戒めです。そして「半値八掛け二割引き」は、最高値から半分の株価になり、そこからさらに0.8倍と0.8倍を掛けた金額に株価は落ち着いていくという経験から来る金言です(ピーク時のおよそ3分の1です)。このように、欲張って欲張って、結局は買値に、もしくは買値以下に逆戻りなんてことはザラにあります。だからこそ、自分なりの目標株価を決めて投資をするのが良いわけですね。

投資のコツとは、つまりはいかに自分を律することが出来るかにかかっています。大儲けをしてやろうとは考えず、購入時の倍、もしくは1.5倍でも良いので、そこに到ったらすぐに売却をして現金化をするくらいのフットワークの軽さが必要でしょうね。そうしたことを表すような「利食い千人力」という言葉もあります。株はいくら値上がっても貨幣価値はありませんからね。上がったらさっさと売る、それ以上上がっても損をしていないから良しとするくらいの潔さが、やはり投資のコツと言えるのではないでしょうか。まぁこれが難しいんですけどね。