iForexのスプレッド評価について



FX業者の数が増え、競争が厳しくなるにつれて、「低スプレッド」を第1にかかげる業者も多く増えてきました。スプレッドとは商品の売値と買値の差額のことをいい、これが業者側の利益となりますが、同時にそれはトレーダー側にとって支払うことになる「手数料」でもあります。そのため、スプレッドが低い、狭い、ということはそれだけトレーダーの支払う手数料が少なくてすむ、ということになります。

fefe実のところiForexのスプレッドは、FX業界最低レベルというわけではありません。主要な通貨のスプレッド見比べてみただけでも、FXに慣れている方であれば「広い」と直感的に思われるのではないかと思います。そのため、とにかくスプレッドの狭さで選びたいという方は他の業者を選んだほうがいいでしょう。iForexのスプレッドに関して書いてある記事をこちらの海外金融情報に強い情報系ブログでも読みましたが、他の業者と比べてもまあまあといったところでしょうか。

けれども、実際に取引を続けてみるとわかりますが、スプレッドの狭さのみが利益につながるわけではありません。スプレッドの狭さを売りにしていても、約定力が弱くて頻繁にスリッページが発生したり、相場の変動に応じてスプレッドも広くなってしまったり、という業者もたくさんあるのです。

その点iForexは相場の変動が大きくなる、例えば経済指標が発表されるときにもスプレッドがどんどん拡大してしまう、といったことがありません。非常に安定しています。1クリックで約定できるので、ほとんどスリップしないという評価も得ています。このあたりのメリットと、自分のトレーディングスタイルを合わせて検討してみるといいでしょう。14日間、損失の広がらないプロテクト口座を利用して取引を試してみることもできます。プロテクト口座体験談については、FXとBO投資初心者講座をクリック。

取引自体にかかる手数料は無料で、入金もクレジットカード利用で無料、出金も条件付きになりますが無料で行なうことができます。口座の開設や維持にかかる手数料もありません。レバレッジも柔軟にきかせることができ、追証ゼロ。通貨ペアだけでも60種類以上と商品バリエーションも豊富です。日本語サポートはまだ弱い部分のようですが、日本語サイトも開設され、今後の充実が期待されます。トレーダーの立場にたった注文ができるなど、アドバンストレーダーにとっては嬉しいメリットも多いので、気になる方は1度試してみてはいかがでしょうか。iForexの手数料全般に対する解説は、この一見の価値あるSiteにあります。